ご挨拶

所長 工藤 実

 近年、日本は資本主義経済から知識主義経済への変革期に直面し、あらゆる組織・構造が揺れ動いています。「グローバル化」という合い言葉のもとに、競争力を強化するための大企業同士の合併はいまや珍しくなくなりました。まさに、「ビックバン」時代の到来です。特許に関する問題も例外ではありません。米国では、ヤングレポートにより特許重視政策(プロパテント政策)と規制緩和を行い、情報産業の隆盛をもたらすことに成功しました。
 現在、企業はその存亡をかけて技術開発にしのぎを削っています。特に技術革新がめざましい産業技術分野にあっては、その優れた”技術・知恵”をどのようにして現実のビジネスに結びつけるかを真剣に考える企業が増加しています。 大企業だから生き残れるという時代の終焉を迎え、企業やさまざまな研究機関にとって、これからの時代は発芽した英知を特許をはじめとする知的財産権として守り育てていくことが問題です。これに伴って、私たち特許事務所に求められる使命は、より高度で専門的なものになってきています。

 工藤国際特許事務所は、時代の要請にいち早く対応するため、知的財産権に関するコンサルテーションから日本国内外での知的財産権の取得と活用に関わる実務まで、さまざまな知識と経験を活かして幅広く取り組んでいます。また、スタッフの養成については、独自のプログラムを用意し、社内での徹底した知識・技術・人材教育によってプロフェッショナルの養成を行っています。

工藤国際特許事務所  所長 工藤 実 

プロフィール
昭和24年12月21日生まれ
弁理士登録:平成4年11月
職務経歴:メーカー勤務を経て、日本国内の有名特許事務所に所属
平成6年1月 工藤国際特許事務所を設立

東京都品川区特許相談員
NPOものづくり品川宿 理事
電気通信大学共同研究センター 客員教授

出版物:「産業財産権 Q&A 50」
     「発明の捉え方 特許明細書の書き方」
     「特許ゲッター」
     「みんなの著作権」
趣味:テニス

▲このページのTOPへ
沿革
 1994年1月  事務所設立
 1996年4月  事務所移転
 1999年1月  5周年記念行事
 1999年3月  事務所移転(カドヤビル6F)
 2003年1月  10周年記念行事
 2005年1月  事務所拡張・フロア増設(カドヤビル5,6F)
 2008年1月  15周年記念行事
 2013年1月  20周年記念行事

▲このページのTOPへ
実績

 初年度は某大手電機メーカーの外国出願の受件開始
 次年度は某大手楽器メーカーと取引開始
 次々年度は某大手電機メーカーの国内出願の受件開始
 某大手機械メーカー、某大手自動車メーカーと取引開始

工藤国際特許事務所
東京都品川区南大井6丁目24番10号 カドヤビル6F[MAP]
電話. 03-5471-5218 FAX. 03-5471-6105

主要業務
特許取得に関する各種コンサルティング
日本国内および諸外国における特許申請に関する実務全般
専門分野…電気・電子回路、半導体、コンピュータ、ネットワークシステム、コンピュータ周辺機器、通信機器、ソフトウェア、船舶、機械、航空宇宙、風力発電、燃料電池、有機・無機化学

主要取引先(敬称略)
三菱重工業株式会社、ルネサスエレクトロニクス株式会社、日本電気株式会社

取引銀行(敬称略)
みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行

所員数
24名(弁理士4名、技術スタッフ9名、事務スタッフ11名)

関連企業
不動産・事務管理/有限会社工藤管理サービス
特許技術翻訳/吉川翻訳事務所
税理士・中小企業コンサルタント/山崎裕美税理士事務所


▲このページのTOPへ

ご相談・お問い合せは…

TEL 03−5471−5218 FAX 03−5471−6105

月曜日〜金曜日 9:00〜17:00(祝日は除く)